Pex Textbook 1.1.0 documentation

swf を 管理するクラスを作ろう

«  swf を Pex で表示してみよう   ::   Contents   ::   swf の再生タイミングをコントロールしよう  »

swf を 管理するクラスを作ろう

swf を管理するクラスを定義していきます.

デモサンプル

../_images/talk_step01.png

Link: こちら

コード

(function() {

    var TALK_SWF = "swf/talk.swf";

    var TalkManager = function() {
        var that = this;

        // swf を読み込む
        var canvas = document.getElementById("canvas");
        var option = {
            enableTouch: true,
            enableButton: true
        };
        this._pex = new Pex(TALK_SWF, canvas, option);
        this._api = this._pex.getAPI();
    };
    TalkManager.prototype = {
    };

    var main = function() {
        var talkmanager = new TalkManager();
    };

    window.addEventListener("DOMContentLoaded", main, false);

})();

解説

今回は TalkManager というクラスを定義します.

前回の Step で行っていた Pex による swf 再生を TalkManager の初期化で行うように修正しましょう.

var TalkManager = function() {
    var that = this;

    // swf を読み込む
    var canvas = document.getElementById("canvas");
    var option = {
        enableTouch: true,
        enableButton: true
    };
    this._pex = new Pex(TALK_SWF, canvas, option);
    this._api = this._pex.getAPI();
};

そして main 関数内では TalkManager の生成のみを行うように修正します.

var main = function() {
    var talkmanager = new TalkManager();
};

こうやって pex をラップして環境に合った拡張をしていくことで 効率良く開発することができます.

«  swf を Pex で表示してみよう   ::   Contents   ::   swf の再生タイミングをコントロールしよう  »