Pex Textbook 1.1.0 documentation

アニメーションを制御する

«  動作サンプルの fla ファイルについて   ::   Contents   ::   変数を外部から設定する  »

アニメーションを制御する

ここでは、タイムラインアニメーションを JS 側からコントロールする基本的な方法をみていきます。

API 操作

JS から SWF のタイムライン操作を行う場合は

  • gotoFrame(mc名,フレーム名)
  • gotoAndStop(mc名,フレーム名)
  • play(mc名)
  • stop(mc名)
  • stopAll(mc名)

などの命令を使います。

命令は Pex より API オブジェクトを取得して その API オブジェクトに対して操作を行う形で実行します。

var api = pex.getAPI();
api.gotoFrame("","show");//ルートを show フレームに移動して再生
api.gotoFrame("chara",2);//chara をフレーム2に移動して再生
api.stop("chara");//chara の再生を止める
api.play("chara");//chara を再生する
api.play("chara/kira");//chara の中の kira を再生する
api.stopAll();//ルート以下 MovieClip全てのタイムライン再生を止める

Pex の API の gotoFrame ≒ flash の gotoAndPlay です。

他の命令に関して、詳しくは API リファレンスも参照してください。

サンプル例

実際にタイムラインを操作しているサンプルは以下です。

_images/animation_basic.jpg

動作サンプル: animation_basic.html

flaファイル: animation_basic.fla

«  動作サンプルの fla ファイルについて   ::   Contents   ::   変数を外部から設定する  »