電話番号認証サービス

スマートフォンユーザ向けに電話番号によるユーザアカウントの認証を行います。
GET

POST

 
パラメータ一覧:

名前

必須

説明

url

 

電話番号認証後に遷移するURL (省略された場合は Gadget XML に記述されたスタートURL)

  • href属性などでパラメータをURLに含めて送る際にはパラメータの値はURIエスケープする必要があります。
  • スマートフォン以外のデバイスで利用することはできません。
     

    サンプル

利用例

以下手順にてアプリ内の機能利用の制御やインセンティブ付与の差別化をおこないます。

  • PeopleAPI の isVerified が false で grade が 1 のユーザに対して利用機能やサービスを制限する。
  • 当該ユーザの機能やサービスの利用が制限されている旨をアプリケーション内に表示する。
  • 利用制限を解除する場合には電話番号認証をするように促す。
  • 当該ユーザの PeopleAPI の isVerified が true かつ grade が 3 なったことが確認できたら機能やサービスの利用制限を解除する。
     
    個人認証が完了したユーザーであっても不正行為を認定された場合などは isVerified が false となるケースがあります。grade値 もあわせて確認いただくこと推奨しています。

注意事項

  • Sandbox環境で電話番号認証を行った場合、実際の電話番号認証の画面には遷移せずに「既に認証済み」の画面が出ます。その際ユーザアカウントは認証済となります。

ユーザーアップグレードサービスとの関係について

grade2からgrade3へアップグレードする機能と電話番号認証サービスの機能は同義ですので、ユーザーアップグレードサービスの利用を推奨します。

更新履歴

  • 2013/01/22
    • ユーザーアップグレードサービス に関する記述を追加
  • 2012/06/15
    • 新規作成

PREVIOUS

アクティビティサービス

NEXT

ユーザーアップグレードサービス