既にフィーチャーフォン版を公開している場合

モバイル版との違いについて

Smartphone版 Mobageオープンプラットフォームは、モバイル版(フィーチャーフォン)とほぼ同じアーキテクチャになっています。このドキュメントではモバイル版とSmartphone版での差異について説明します。

Gadget XML の作成

Smartphone用のContent要素はviewにtouchを指定することによって記述します。

Smartphone用

属性

必須

view

touch

type

url

href

アプリケーションのスタートURL

サンプル::

ホスト名

Sandbox

サーバー

ホスト名

Sandbox

sb-sp.mbga.jp

Gadget サーバー

sb.sp.pf.mbga.jp

API サーバー

sb.sp.app.mbga.jp

Service

サーバー

ホスト名

Service

sp.mbga.jp

Gadget サーバー

sp.pf.mbga.jp

API サーバー

sp.app.mbga.jp

Gadget サーバーからパートナーサーバーへのリクエスト

  • ユーザーからの !UserAgent リクエストヘッダは そのままパートナーサーバーにプロキシーされます。この値で iPhone 端末か Android 端末などの判別をしてください。

パートナーサーバーから Gadget サーバーへのレスポンス

  • 文字コードは Soft Bank の UTF-8 でレスポンスを返してください。
    • 絵文字なども正しい文字コードでレスポンスを返すと自動的に画像に変換します。
  • !JavaScriptの使用が可能になります。
  • HTMLの簡易自動変換が使用可能です。
    • Gadget サーバーへレスポンスを返す際に X-MBGA-SMARTPHONE-HTML-CONVERT というレスポンスヘッダーを付与すると、以下のルールでHTMLの変換が行われます。
      • html主要要素チェック、補完(html, head, bodyタグ)
      • DOCTYPE宣言削除
      • divタグの修正(デフォルト width:100%)
      • bgcolor => style指定に変更
      • 全体をテーブルで囲みサイズ調整
      • フォントサイズの調整、x-smallや相対値を絶対値へ

変更前

変更後

<font style="font-size:x-small">

<font style="font-size:12px">

<font style="font-size:xx-small">

<font style="font-size:12px">

<font style="font-size:smaller">

<font style="font-size:12px">

<font size="-1">

<font style="font-size:12px">

<font size="-2">

<font style="font-size:12px">

  • X-MBGA-SMARTPHONE-HTML-CONVERT が付与されている場合に、X-MBGA-SMARTPHONE-VIEW-WIDTH というレスポンスヘッダーを追加で付与することにより、px 単位で画面の横幅を指定することができます。
    • 指定できる値は、整数値のみ
    • 大文字小文字の区別はありません
    • デフォルトは 240(px)

X-MBGA-SMARTPHONE-HTML-CONVERT と X-MBGA-SMARTPHONE-VIEW-WIDTH を指定した例

HTTP/1.0 200 OK
Content-Type: text/html
Content-Length: 256
Connection: Close
X-MBGA-SMARTPHONE-HTML-CONVERT: 1
X-MBGA-SMARTPHONE-VIEW-WIDTH: 480
<html><head>...

位置情報サービス

パラメータ一覧:

名前

必須

説明

url

 

位置情報を取得後に遷移するURL (省略された場合は Gadget XML に記述されたスタートURL)

type

 

位置情報の種別 (gps=GPS)

  • 位置情報サービスにおいては "type" に "gps" のみ指定できます。 "cell" を指定しても "gps" として扱われます。

キャプチャ画像のアップロードについて

  • サイズ、容量
    • 大 640 x 480px (180KB以内)
    • 中 120px 四方 (30KB以内)
    • 小 90px 四方 (20KB以内)
  • 形式
    • JPG, PNG, GIF のいずれか (PNGを推奨させていただいております)
  • サービス上の画像表示について
    • アップロードしていただく画像は、より鮮明に表示するため、縦横比を半分にして表示致します
      • 大サイズは 320 x 240px
      • 中サイズは 60px 四方
      • 小サイズは 45px 四方

JavaScript について

  • body タグの onclick について
    • スマートフォンの !WebView で見た場合、動作しない場合があるので、以下の様に div タグに指定するようにしてください。
# 修正前
<body onclick="...">
...
</dody>
# 修正後
<body>
<div onclick="...">
</div>
</body>
  • 以下のように、!JavaScript で URL を生成、または通信する場合は必ずGadget Server を通すようにしてください。
    • Sandbox
      http://sp.sb.pf.mbga.jp/[アプリケーションID]?url=[通信したいURLをURIエスケープした物]
    • Service
      http://sp.pf.mbga.jp/[アプリケーションID]?url=[通信したいURLをURIエスケープした物]
  • XMLHttpRequest などの通信を行う URL
  • img タグや iframe タグ などの src に URL を動的に埋め込む場合
  • a タグや、その他ユーザーがアクションを起こしたときに、遷移される URL

Avatar API

画像サイズがフィーチャーフォン版と異なります。

size

view

width

height

large

entire

240

320

large

upper

120

160

medium

entire

120

160

medium

upper

60

80

small

entire

60

80

  • Smartphone版は、モーションアバター(3D)のみ取得が可能です
     

    更新履歴

  • 2012/09/11
    • JavaScriptについてのURLの不備修正
  • 2011/10/04
    • Avatar APIに関する項目を追記
  • 2011/09/06
    • Avatar APIに関する項目を追記
  • 2011/07/13
    • アクティビティサービスに関する項目を削除
  • 2011/04/27
    • フォントの自動変換に関する項目を追記
  • 2011/04/22
    • JavaScript に関する項目を追記
  • 2011/03/03
    • ホスト名に Service の項目を追記
  • 2011/02/16
    • X-MBGA-SMARTPHONE-VIEW-WIDTH について追記

PREVIOUS

アプリケーションの開発から公開まで

NEXT

RESTful API の注意点