WebView 設定について (iOS)

WebView 設定(iOS のみ)

iOS 8 未満の場合、Shell App Framework の WebView には UIWebView が使用されてきました。iOS 8 以上から、新たに WKWebView が使用できるようになり、WebView の動作が向上します。WKWebView には以下の特徴があります。

  • メリット:UIWebView よりも JavaScript の実行速度が向上し、Safariと同等のパフォーマンスに
  • デメリット:UIWebView よりも一部端末でページ遷移が遅い。iOS 8 以上でないと使用できない。

上記特徴より、アプリの状況によって適切に判断して設定を行ってください。

『iOS』タブをクリック後、『APP作成』をクリックすると、以下の様な WebView 設定画面が表示されますので、『WebViewの設定を変更する』ボタンをクリックします。

以下の様な画面が表示されますので、WKWebView を有効にする場合には『WKWebViewを有効にする』を選択して『更新』ボタンをクリックしてください。

PREVIOUS

リモート通知予約機能の使い方

NEXT

アプリケーションの審査と公開