4章 ログインユーザー情報を取得する

本チュートリアルで作成するサンプルコードは Unity Tutorial Sample Download からダウンロードできます。

で 3-legged 認証まで行いました。本章では 3-legged 認証 で取得した Token Credential を使用して Game Server でログインしたユーザーの情報の取得を行います。
 

クライアントから Game Server にログインユーザー情報取得を要求する

クライアントアプリケーションから Game Server にログインユーザー情報取得リクエストを送信します。

Unity で HTTP のリクエストを送信するにはそれぞれ下記のように実装します。
 

 クリックすると該当処理を行うコードが表示されます...

Unity


Platform へ Token Credential を使用してログインユーザー情報取得を要求しクライアントに返す

クライアントアプリケーションからログインユーザー情報取得リクエストを受信したら Game Server は Mobage Platform のユーザー情報取得用の End point へリクエストを行います。

@me は 3-legged 認証済みでないと使用することができません。また、@me となっている箇所にユーザーのID を設定する事で同様の処理を行う事ができますが、その場合クライアントアプリケーションからログインしているユーザーの ID を取得する必要が有ります。その場合クライアントアプリケーションから送信されるユーザーIDを改ざんされてしまう危険性が伴いますのでご注意ください。
Platform へのリクエストとレスポンスは下記のようになります。

HTTPS Request

Platform へリクエストを送る際には

と OAuth.php を利用して Authorization header を作成する必要があります。 Authorization header のサンプルは下記をご参考ください。

 
また、ユーザー情報の取得を行う際には取得する情報を取捨選択する為に fields のパラメーターを設定します。

fields に設定できる値は下記ドキュメントをご参考ください。

 クリックすると該当処理を行うコードが表示されます...

Game Server

Game Server から Platform へのリクエストを作成して送信する処理の実装はこのようになります。

 

HTTPS Response

id に sb.mobage.jp: のような値が付与されておりますがこれは Sandbox ユーザー、Production ユーザー、ユーザーのリージョン等を区別する為に付与されております。

取得したユーザー情報をクライアントアプリケーションに返します。
 

 クリックすると該当処理を行うコードが表示されます...

Game Server

Platform からのレスポンスをクライアントアプリケーションへ返却する処理の実装はこのようになります。

 

取得したユーザー情報を表示する

3-legged 認証を行うと、このような手順で Game Server を使用してログインしているユーザーの情報を取得する事ができます。最後に取得した情報を表示するコードを記述します。Unity の handler を下記のように書き換えます。

Unity

本チュートリアルでは動作がわかりやすくなるようアラートダイアログを表示しています

更新履歴

  • 2014/02/18
    • 初版作成
 

PREVIOUS

3章 OAuth 認証を行う

NEXT

5章 課金機能を実装する