SDK Tips

onLoginRequired に関して

起動時やレジューム時、またモバコイン / ゲームポイント購入ダイアログ表示時等に、既にアプリにログイン済みのユーザーであっても、ゲーム側が意図しないタイミングで onLoginRequired が呼ばれることがあります。
 
SDK およびプラットフォームが以下の用途でダイアログ画面を表示することがあるため、showLoginDialog を呼び出す目的で onLoginRequired を呼び出します。

  • メールアドレスを登録していないユーザーに対してメールアドレス登録訴求画面を表示する
  • 「かんたん会員」に対して「通常会員」にアップグレードを促すアップグレード訴求画面を表示する
     
    パートナー様は、以下の 4 点を意図して実装する必要がございますのでご注意下さい。
  • onLoginRequired がログイン済みの状態であっても呼ばれること
  • onLoginRequired では必ず showLoginDialog が呼ばれること
  • レジューム時に、ログイン済みの状態でも onLoginRequired が呼ばれることがあること
  • ログインしている時でも、onLoginRequired -> showLoginDialog -> onLoginComplete が呼ばれることがあること
     

    onLoginComplete に関して

    onLoginComplete では User Id が取得できますが、User Id を変数に一旦保存し、もう一度 onLoginComplete が呼ばれた時の User Id が変わっていなければ、特に何もせず、もし変わっていたら現在のゲーム内で使用しているユーザデータを全て破棄し、ゲームを最初に戻して、タイトル画面から別の User Id でプレイするように実装する必要があります。これは、Mobage SDK に内包されるコミュニティ機能から、ログアウト機能が呼ばれた際に User Id が切り替わるケースがあるためです。

バランスボタンのデザインについて

Mobage Unity SDK バランスボタンについて、以下の基準に従って頂ければ、バランスボタン右側のアイコンについては変更していただくことが可能です。

  • Android
    • モバコインの画像アイコンを変更することはできません。
    • モバコインの画像アイコンを消してしまっても問題ありません。
    • ゲームポイントの画像アイコンを変更して頂いても問題ありません。
    • ゲームポイントの画像アイコンを消してしまっても問題ありません。
  • iOS
    • ゲームポイントの画像アイコンを変更して頂いても問題ありません。
    • ゲームポイントの画像アイコンを消してしまっても問題ありません。

Mobage 配信版とGoogle Play 配信版のパッケージ名の違いについて

デベロッパーサイトに本番用 Android アプリケーションをアップロードすると、Mobage 配信版と Google Play (以下、旧 Android Market を Google Play と表記)配信版の 2 種類が 生成されます。それぞれのパッケージ名は以下のようになります。(XXXXXXXX には AppId が入ります。)

  • Mobage 配信版のパッケージ名
    • jp.mbga.aXXXXXXXX
  • Google Play 配信版のパッケージ名
    • jp.mbga.aXXXXXXXX.lite

Mobage 配信版のパッケージ名につきましては、SDKで本番用apkファイル作成時の注意点で記載されております形式へと、デベロッパー様ご自身の手で統一して下さい。Google Play 配信版につきましては、アップロード後に自動的に上記パッケージ名で生成されますが、本番展開されるまでデベロッパー様が確認することはできませんため、ご注意ください。
Google Play 配信版か Mobage 配信版かを判別するためには、以下のメソッドを使用します。

  • Mobage Unity SDK
    • MobagePlatform.getMarketCode()

Google Play のレビューへの誘導の実装について

Google Play 配信版の場合、下記のリンク先へ遷移させることでそれぞれの配信バージョンをダウンロードすることができます。

Mobage 配信版につきましては、配信サイトでのレビューがございませんので、Mobage 配信版の場合はレビューへの誘導を取り除く必要があります。どちらの配信版かを判別するためには、上記の getMarketCode() をご利用ください。

Mobage Unity SDK でのレビュー誘導の実装について

Mobage Unity SDK をご利用の場合は、レビュー誘導を実装するためにプラグイン実装を行って頂く必要がございます。ここでは、Google Play 配信版 (Android) と App Store 配信版 (iOS) でのそれぞれの実装について説明致します。

(Android) Unity アプリで Google Play へのレビュー誘導を実装する

手順 1: Unity Jar Plugin に実装を追加

下記のメソッドを UnityPlayerActivity を継承したクラスに実装してください。

"market://details?id=XXX" の XXX にはパッケージ名を指定してください。

手順 2: HelloMobage.cs に Unity Jar Plugin 呼び出しを実装

OnGUI() の if 文中で、下記の Unity Jar Plugin 呼び出し処理を追加して下さい。

(iOS) Unity アプリで App Store へのレビュー誘導を実装する

手順 1: HelloMobage.cs に Unity Plugin 呼び出しを実装

HelloMobage.cs の OnGUI() の前に下記を記述してください。

また、OnGUI() の if 文中で、下記の処理を追加してください。

手順 2: Xcode 上で Unity Plugin を実装

Unity 上で "Build and Run" 後、AppController.h の @end の前に、下記を宣言してください。

また、AppController.mm の didAccelerate 実装の後に、下記を追加してください。

id には、誘導したいアプリケーションの id を指定してください。
 

Mobage Unity SDKのCallback名称について

Mobage Unity SDKのリファレンス(c#doc)に記載されているCallback API一覧の名称はSDK内で予約されており、同名称のメソッドを使用するとCallbackが呼ばれなくなります。
同名称のCallbackメソッドを使用しないようにご注意ください。

更新履歴 

  • 2016/03/10
    • Android ゲームポイント対応に伴い修正
  • 2013/08/20
    • 「onLoginRequired が呼ばれるタイミング」について追記
  • 2013/05/24
    • Mobage Unity SDKのCallbackと同名称を使用しないように追記
  • 2012/08/13
    • Mobage Unity SDK での評価誘導の実装方法について追記
  • 2012/08/07
    • Android Market → Google Playへ変更
  • 2012/03/09
    • 新規作成

PREVIOUS

ダッシュボードの開閉通知を受け取る方法(1.4.4 or later)

NEXT

Unity SDK で本番用 apk ファイル作成時の注意点