shareMessage 機能の使い方

はじめに

Mobage SDK に組み込まれている shareMessage 機能を使用する事で、ユーザーが任意のソーシャルツールを使用して簡単にゲームを友達に勧める事ができます。

Mobage Native / Unity SDK 1.4.7 より、本 API は非推奨となりました。
下記内容や画像は 2013年10月現在 のものとなっております。各サービスにより仕様が変更される場合がございますのでご注意ください。

 
 

対応サービス

現在 shareMessage が対応しているサービスは

  • LINE
  • Twitter
  • メール

となっています。
 

実装方法

Native SDK での shareMessage の使用方法は下記のようになります。

OS

import

関数名

Android

com.mobage.android.social.jp.Service

shareMessage(message, title, pictureUrl, onComplete)

iOS

MBGSocialJPService.h

+ shareMessage:title:pictureUrl:onDismiss:

Android

iOS

Unity SDK での shareMessage の使用方法は下記のようになります。

関数名

MobageJPService.shareMessage(message, title, pictureUrl, onDialogComplete);

Android での動作

shareMessage 機能のトップ画面

いずれかのサービスを選択するとブラウザ版 Mobage へログインの確認を行います。この際、ブラウザでログインしていない場合は下記のログイン確認画面が表示されます。
 

 

LINE

(LINE 未インストールの場合)

  1. 確認画面が表示
  2. Play ストアに遷移

 

 
(LINE インストール済みの場合)

  1. LINE が起動し投稿先選択画面に遷移
  2. 投稿先を選択すると編集画面に遷移
  3. 投稿 (サンプルはホームに投稿したもの)

 

 

パラメータ

対応項目

title

【】内の文字列

message

【】外の文字列

imageUrl

未対応

Twitter

  1. 確認画面が表示
  2. ブラウザで Twitter にアクセス

パラメータ

対応項目

title

未対応

message

本文

imageUrl

未対応

 

メール

  1. デフォルトのメーラーが起動

メールの場合 shareMessage に設定したパラメーターは下記のように対応します。

パラメータ

対応項目

title

件名

message

本文

imageUrl

未対応

iOS での動作

shareMessage 機能のトップ画面

いずれかのサービスを選択するとブラウザ版 Mobage へログインの確認を行います。この際、ブラウザでログインしていない場合は下記のログイン確認画面が表示されます。

LINE

(LINE 未インストールの場合)

  1. 確認画面が表示
  2. App Store に遷移

 

(LINE インストール済みの場合)

  1. LINE が起動し投稿先選択画面に遷移
  2. 投稿先を選択すると編集画面に遷移
  3. 投稿 (サンプルはホームに投稿したもの)

パラメータ

対応項目

title

【】内の文字列

message

【】外の文字列

imageUrl

未対応

Twitter

  1. 確認画面が表示
  2. ブラウザで Twitter にアクセス

パラメータ

対応項目

title

未対応

message

本文

imageUrl

未対応

メール

  1. デフォルトのメーラーが起動

メールの場合 shareMessage に設定したパラメーターは下記のように対応します。

パラメータ

対応項目

title

件名

message

本文

imageUrl

未対応

更新履歴

  • 2013/10/08
    • 新規作成
 

PREVIOUS

アチーブメント機能の使い方

NEXT

RESTful API コードサンプル