アプリケーションを登録する

共通設定

Shell App Framework を使用したアプリケーションの開発を開始するためには、まずデベロッパーサイト上でアプリケーションを登録する必要があります。

ダッシュボードの左メニューより 「アプリケーション」 > 「アプリケーションの追加」 をクリックしてアプリケーション追加フォーム画面に各項目を入力してください。

アプリケーションの登録が終わると「アプリケーション詳細」画面が表示されます。

事前に「SPWeb」設定によりゲームアーキテクチャ、サークル紹介文を入力し、対応 OSを選択して下さい。

  • 既に SPWebのタイトルが公開されている場合は、既に設定済みになっているため対応不要です。
  • Mobage Proxy とは、Proxy Server が User Agent とGame Server の間で中継を行うシステムです。
  • Mobage Connectとは、Proxy Server を中継せず、User AgentからのリクエストをGame Server が直接受け取り、直接レスポンスを返すモデルになります。
  • 対応 OS には Android または iOS がチェックされていることが必要になります。

Android設定

「アプリケーション詳細」画面の「Androidアプリ設定」タブで設定を行います。

利用するSDKには必ず「ShellApp Framework」を選択してください。

これで、開発に必要なアプリケーションの登録は完了です。
なお、「アプリケーション詳細」画面「共通設定」タブの 「Consumer Key」 と 「Consumer Secret」 は RESTful API の署名に使います。

iOS設定

次に iOS のアプリケーション固有の設定項目に移ります。Android と同様の手順で、「General Info」の下の「iOS」をクリックして、Shell App Framework を設定します。
これでSandboxの開発を行うためのアプリケーション登録は完了です。

更新履歴

  • 2013/05/17
    • iOSの手順を追加
  • 2012/12/11
    • 新規作成

PREVIOUS

テストアカウントの作成

NEXT

gadget.xmlの登録とスタートページを作成する