ファイル構成

iOS 版の Mobage Native SDK のファイル構成(プログラミングに必要な部分)は以下のようになっています。

以下はMobage Native SDK 1.3.1の場合となります。バージョンによって新たにライブラリが追加される事がございます。ご了承下さい。
MobageSDK 
├── include 
│   ├── MBGAppPatch.h
│   ├── MBGBalanceButton.h
│   ├── MBGBalanceImage.h
│   ├── MBGBankDebit.h
│   ├── MBGBankInventory.h
│   ├── MBGError.h
│   ├── MBGJPBalanceButton.h
│   ├── MBGJPBalanceImage.h
│   ├── MBGJSONHelper.h
│   ├── MBGKRBalanceButton.h
│   ├── MBGKRBalanceImage.h
│   ├── MBGLeaderboardResponse.h
│   ├── MBGLeaderboardTopScore.h
│   ├── MBGOption.h
│   ├── MBGPlatform.h
│   ├── MBGRemoteNotificationPayload.h
│   ├── MBGRemoteNotificationResponse.h
│   ├── MBGResult.h
│   ├── MBGSocialAppdata.h
│   ├── MBGSocialAuth.h
│   ├── MBGSocialBlacklist.h
│   ├── MBGSocialJPService.h
│   ├── MBGSocialJPTextdata.h
│   ├── MBGSocialLeaderboard.h
│   ├── MBGSocialPeople.h
│   ├── MBGSocialProfanity.h
│   ├── MBGSocialRemoteNotification.h
│   ├── MBGSocialService.h
│   └── MBGUser.h
└── lib    
    └── libmobage.a

注記事項

  • include/ 以下にヘッダファイルが格納されています。
    • これらをインクルードして Mobage Native SDK API を呼んでください。
    • 各ヘッダファイルで提供されている API の詳細につきましては、別紙の API リファレンスをご覧ください。
  • lib/libmobage.a が Mobage Native SDK (iOS 版) のライブラリ本体となります。

    更新履歴

  • 2012/08/08
    • 初版作成
 

PREVIOUS

概要

NEXT

セットアップ