Eclipse 上で Unity Plugin を作成する (1.4.5 以降)

このページでは、Unity IDE 上で機能する Plugin を作成するために、Eclipse上で .jar ファイルを作成します。

Eclipse には Android Eclipse Plugin がインストールされていることが前提となっております。
Mobage Unity SDK 1.4.3 未満とは異なり、1.4.3 以上では Eclipse 上での Unity プラグインのビルド、インポート共に必要ありません。

Eclipse 上でテンプレートプロジェクトをインポートする

SDK に同梱されている、MobageUnitySDKforAndroid を Eclipse プロジェクトとしてインポートします。このプロジェクトをテンプレートとしてお使いください。

Unity 4.3 以降をお使いの場合、Android 2.3 未満はサポートされておりませんので Project Build Target を Android 2.3 以上に変更する必要があります。

ライブラリをインポートする

前節でインポートしたテンプレートプロジェクトに jar ライブラリをインポートします。必要なファイルを全てインポート後の Eclipse 上のファイル構成は下図のようになります。

MobageNativeSdk.jar

MobageUnitySDK.unitypackage 内の Assets/Plugins/Android 以下にある MobageNativeSdk.jar をインポートしてください。

MobageUnityProxy.jar

MobageUnitySDK.unitypackage 内の Assets/Plugins/Android 以下にある MobageUnityProxy.jar をインポートしてください。

classes.jar

classes.jar は Unity に付属しております。下記のパスからインポートしてください。

  • MAC 
    • /Applications/Unity/Unity.app/Contents/PlaybackEngines/AndroidPlayer/bin/classes.jar
  • Windows
    • Unity/Editor/Data/PlaybackEngines/androidplayer/bin/classes.jar

AndroidManifest.xml の記述

AndroidManifest.xml は下記のようになります。

ログイン処理を記述する

Unity Plugin を使用する場合は Eclipse 上で Java によるログイン処理記述を行う必要がございます。onCreate() 内で Android アプリケーション起動直後に下記のような初期化メソッドを呼び出し

  • Region
  • ServerMode
  • consumerKey
  • consumerSecret
  • アプリケーションID
  • ルートアクティビティ

を渡します。アクティビティは UnityPlayerActivity を継承する必要があります。
また、onCreate() 内の Mobage.initialize の直後で、以下のように Mobage.onCreate(this) を呼ぶ必要があります。この 2 つのメソッドは、アプリ内で一度だけ呼び出して下さい。

consumerKey, consumerSecret はディベロッパーサイト上からアプリケーションを登録していただくと発行されます。デベロッパーサイト上の「Android アプリ設定」の中の「SDK 向け Consumer Key」「SDK 向け Consumer Secret」を入力してください。

Mobage.initialize() 後、認証処理を行うために Login リスナーを登録する必要があります。Java 側で行ったログイン処理の結果を Unity ゲームエンジン側に通知するために、以下のように UnityProxy クラスのメソッドを Java 側から呼び出してください。リスナーの登録は

  1. onCreate と onRestart で呼び出す
  2. onStart からのみ呼び出す

のどちらかで実装してください。

リスナーは onStop で自動的に remove されますので、明示的に remove する必要はありません。

MobageUnitySDKActivity のライフサイクル系メソッドにおいて、以下のように対応したメソッドを呼び出します。

Eclipse 上で .jar プラグインを作成する

下記手順によって、作成した Java プラグインを Jar 化します。

  • [STEP 1] MobageUnitySDKActivity.javaを選択した状態で、Eclipse の上メニューから「File」→「Export」を選択します。
  • [STEP 2] export の手段として「Java」→「JAR file」を選択します。
  • [STEP 3] JAR ファイルの設定ウィンドウが開きます。export したいリソースと JAR ファイル名を指定し、「Finish」ボタンを押下します。 
  • [STEP 4] export した JAR ファイルを Unity IDE 上で Project ビューの Plugins/Android 以下にある MobageUnitySDKActivity.jar と置き換えてください。

以上で jar プラグインの作成と Unity 上で使用する準備が完了しました。
apk ファイルのビルド方法は Unity IDE 上で apk ファイルをビルドする (1.4.3 以降) をご参考ください。

更新履歴

  • 2013/12/26
    • 初版作成

PREVIOUS

Eclipse 上で Unity Plugin を作成する (1.4 以降)

NEXT

Unity IDE 上で apk ファイルをビルドする (1.4.3 未満)