アプリケーションの公開審査申請

アプリケーションをユーザーに公開するためには、Mobage の公開審査を受ける必要があります。

アプリケーションをアップロードし、Sandbox環境での動作確認が完了したら公開審査申請を行います。

公開審査に通過するまでは、本番用の API は使用出来ません。

Androidアプリの場合

「アプリケーション詳細」画面の「Androidアプリ設定」を開き、「公開ステータス」より「アプリケーション公開審査申請をする」をクリックすることにより公開審査申請を行えます。

iOSアプリの場合

「アプリケーション詳細」画面の「iOSアプリ設定」を開き、「公開ステータス」より「アプリケーション公開審査申請をする」をクリックすることにより公開審査申請を行えます。

iOSの場合は、Mobageの公開審査申請を通過した後に、Apple社のアプリケーション申請(iTune Connect経由)を行っていただく形になります。iTunesConnectへのアップロード方法につきましてはこちらをご確認ください。
 
また、 iTunesConnect へアップロードおよび申請を行う際には、<ios_support_my@dena.jp> への連絡が必要になります。詳細はこちらをご確認ください。

本番用ビルドのappファイルを「iOSアプリバージョン管理」画面からダウンロードし、こちらで配布されているRe-sign-distribution.shでappファイルに再署名したものを使用して申請してください。

更新履歴 

  • 2015/01/29
    • Apple 申請時に連絡が必要な旨を追記
  • 2012/02/03
    • Resignツールの説明を変更
  • 2012/01/31
    • iTunesConnectへのアップロード方法を記載したページへのリンクを追加
  • 2011/08/29
    • MobageSDKからMobage ngCore SDKへの名称変更
  • 2011/06/17
    • アプリケーションのアップロードと動作確認に記述を移動
    • iOSの公開申請について追記
  • 2011/05/17
    • Sandboxから本番切り替え時の環境切り替えにログレベルの切り替えを追記
  • 2011/05/12
    • アプリケーションの公開時の考慮点を追記

PREVIOUS

アプリケーションのアップロードと動作確認

NEXT

GooglePlay公開依頼(Androidのみ)