Mobageへの導線設置とログアウトボタン

2013年10月9日より、アプリで使用するSDKによって、「Mobageコミュニティボタン」の設置ルールが変更になりました。

SDK種類

Mobageへの導線設置方法

ログアウトボタン

Native SDK/Unity SDK 1.4.3 未満を利用したアプリ

トップ画面もしくはメイン画面の四隅(左上、左下、右上、右下)のうちのいずれかにMobageコミュニティボタンを設置

必須

Native SDK/Unity SDK 1.4.3 以上を利用したアプリ

トップ画面もしくはメイン画面から2タップ以内に、Mobage へ遷移できる導線を常時表示、
または、トップ画面もしくはメイン画面の四隅(左上、左下、右上、右下)のうちのいずれかにMobageコミュニティボタンを設置

任意

Shell App Framework を利用したアプリ

トップ画面もしくはメイン画面から2タップ以内に、Mobage へ遷移できる導線を常時表示、
または、トップ画面もしくはメイン画面の四隅(左上、左下、右上、右下)のうちのいずれかにMobageコミュニティボタンを設置

任意

Mobageへの導線設置方法

Native SDK/Unity SDK 1.4.3 以降を利用したアプリ、Shell App Framework を利用したアプリでは、トップ画面もしくはメイン画面から2タップ以内でMobageが表示できるようゲーム内に設置してください。
配置方法については、以下の通りとしてください。

  • メニュー名には「Mobage」と必ず記載してください。
  • アイコンイメージを用意する場合は、Mobage への導線であることをユーザが認識できるものとしてください。ただし、この場合Mobageコミュニティボタンのアイコンの使用はできません。

■Mobageへの導線設置イメージ

 

Mobageへの導線は下記のAPIを呼び出すボタンを設置してください。

■ NativeSDK iOS 版のObjective-C での記載方法

■ NativeSDK Android 版のJava での記載方法

■ UnitySDK のC#またはJavaScript での記載方法

Shell App Framework を利用したアプリでの記載方法

Mobageコミュニティボタン
「Mobageコミュニティボタン」を表示する場合、表示位置は、トップ画面もしくはメイン画面の四隅(左上、左下、右上、右下)のうちのいずれかとします。
「Mobageコミュニティボタン」の一部もしくは全部が隠れる設定や、「Mobageコミュニティボタン」の下に隠れてアプリケーションの重要な文言や画像、ボタン等を表示しないでください。 
また、ユーザが認識しやすい箇所に、アプリTOPへのリンクを設置してください 。

showCommunityButton/hideCommunityButtonは、Native SDK/Unity SDK 1.4.3 以降を利用したアプリでは非推奨(deprecated)になりました。

■Native SDK/Unity SDK 1.4.3 以降を利用したアプリの場合
「Mobageコミュニティボタン」専用のAPIを呼び出してください。

  • NativeSDK iOS 版のObjective-C での記載方法

  • NativeSDK Android 版のJava での記載方法

  • UnitySDK のC#またはJavaScript での記載方法

■Native SDK/Unity SDK 1.4.3 未満を利用したアプリの場合
「Mobageコミュニティボタン」専用のAPIを用意していません。
Mobageコミュニティボタンを設置するには、SDKに同梱されているコミュニティボタンの画像(images/mobage_top_left.pngなど)を表示し、Mobageアプリを起動する API を呼び出してください。
なお、コミュニティボタンの画像については、表示位置に合わせて適切な画像ファイルをご利用ください。

■Shell App Framework を利用したアプリの場合
コミュニティボタンの配置は、XML形式のレイアウト設定ファイルにて設定が可能です。
Mobage Developers Japan(デベロッパーサイト)上でレイアウト設定をする際に、communityButton要素のgravity属性の値で配置することが可能です。 

設定例:(左上に配置する場合)

<communityButtongravity="TopLeft" />


「Mobageコミュニティボタン」のサイズは以下のとおりです。

Mobageコミュニティボタンのサイズ
 アスペクト比=1:1
 画面短辺の11.875%

端末画面とMobageコミュニティボタンのサイズ例

端末画面サイズ

Mobageボタンサイズ

800×480

57×57

480×320

38×38

Mobageコミュニティボタン設置イメージ
 

コミュニティボタンのデザイン
以下の4種類から選択できますのでゲームデザインに合わせて、ご活用ください。 

ログアウトボタン

ログアウトボタンを設置する場合は、ログアウトボタンを押した後にログイン画面が表示され、ユーザが再度ログインするまでアプリケーションを利用できないように設定してください。
Native/Unityアプリでログアウトボタンを押下の際は、ログアウトAPIをコールしてください。

NativeSDK iOS 版のObjective-C での記載方法 

NativeSDK Android 版のJava での記載方法

 UnitySDK のC#またはJavaScript での記載方法




更新履歴


PREVIOUS

ユーザ対応と保護

NEXT

Android端末におけるBackキー