アプリケーション起動において

起動画面(スプラッシュスクリーン)

スマートフォンアプリ (Androidアプリ、iOSアプリ) の起動画面(スプラッシュスクリーン)について、パートナー様が任意の起動画面を用意することが可能です。
起動画面を表示した後は、Mobageのログイン画面を表示するように実装してください。Mobage起動画面を利用する場合は、SDKにて提供しております。

■ShellAppFrameworkによるアプリケーション制作
Mobage Developers Japan(デベロッパーサイト)のアプリケーション管理でiOSアプリの場合はapp作成画面にて、Androidアプリの場合はapk作成画面にて差し替えが可能です。 

ログイン画面

起動画面(スプラッシュスクリーン)を表示した後には、必ずMobageのログイン画面を表示してください。
ユーザがログインするまでアプリケーションを利用できないようにしてください。ログイン後のアニメーション等の設定は自由に表示して構いません。

ログイン画面を表示するには以下のログインAPIをコールしてください。

NativeSDK iOS 版のObjective-C での記載方法

NativeSDK Android 版のJava での記載方法

UnitySDK のC#またはJavaScript での記載方法

アプリケーション起動用URL(カスタムURL)の設定

Androidアプリを起動するためのIntentおよび、iOSアプリを起動するためのCustomURLSchemeは以下のネーミングルールに従って設定してください。

mobage-jp-[アプリケーションID]


■Androidアプリ:AndroidManifest.xmlの設定例

■iOSアプリ:Info.plistの設定例

▼URL types

(1 item)

 ▼Item 0          

(1 item)

  ▼URL Schemes        

(1 item)

    Item 0

mobage-jp-1200XXXX

 

 

更新履歴

  • 2014/1/30
    • ドキュメント移行

PREVIOUS

課金アイテム

NEXT

ユーザ対応と保護