gadgets.util


メソッド

gadgets.util.escapeString

HTML エンティティでエスケープします。影響を受ける文字は以下のとおりです。

  • 改行 (\n、Unicode 10)
  • 復帰 (\r、Unicode 13)
  • 二重引用符 ("、Unicode 34)
  • アンパサンド (&、Unicode 38)
  • 引用符 ('、Unicode 39)
  • 小なり記号 (<、Unicode 60)
  • 大なり記号 (>、Unicode 62)
  • バックスラッシュ (\、Unicode 92)
  • 行区切り (Unicode 8232)
  • 段落切り (Unicode 8233)
パラメータ

名前

説明

str

String

エスケープする文字列。

返り値

説明

String

エスケープした文字列。

サンプル

gadgets.util.getFeatureParameters

この機能のパラメータの値を返します。ガジェットは、<Requires> 要素または <Optional> 要素の <Param> サブ要素を使用してパラメータを指定します。

パラメータ

名前

説明

feature

String

パラメータを取得する機能。

返り値

説明

Object

指定された機能のパラメータ。無い場合は null。

gadgets.util.hasFeature

指定された機能がサポートされているかどうかを返します。

パラメータ

名前

説明

feature

String

調べる機能。

返り値

説明

Boolean

機能がサポートされている場合には true

gadgets.util.registerOnLoadHandler

onload ハンドラを登録します。このハンドラは、ガジェットの読み込み時に実行される関数です。

パラメータ

名前

説明

callback

Function

実行するハンドラ。

返り値

なし

サンプル

gadgets.util.unescapeString

HTML エスケープされた文字を元に戻します。

パラメータ

名前

説明

str

String

エスケープを戻す文字列。

返り値

説明

String

エスケープを戻した文字列

サンプル

gadgets.util.sanitizeHtml

指定された文字列をサニタイズします。

パラメータ

名前

説明

htmlText

String

サニタイズされる文字列。

opt_uriPolicy

Function

URLをサニタイズする際の処理。

opt_nmTokenPolicy

Function

idやclassなどをサニタイズする際の処理。。

サンプル

更新履歴

  • 2013/03/15
    • ドキュメント移行

PREVIOUS

gadgets.TabSet

NEXT

gadgets.views