負荷試験/決済試験

決済サービス動作確認試験

アプリケーション内で決済サービスを利用し、課金アイテム等を販売する場合、以下の流れで事前にSandbox上での動作確認を必ず行ってください。

  1. パートナー様によるSandbox上での動作確認
    Sandbox上ですべてのアイテム購入をお試しください。「対価となるアイテムやサービスが正しく反映されているか」「正しい金額が消費されているか」を、商品や個数を変えて全パターンご確認ください。

  2. 本番環境への反映
    決済サービス機能を本番に反映し、決済サービスの動作確認を行ってください。
    *動作確認試験の結果はご報告いただく必要はありませんが、必要に応じて試験結果のご提出をお願いする場合がございます。

負荷耐性試験

アプリケーション公開直後などに予想されるアクセス集中によるトラブルを回避するため、以下の流れで公開前にパートナー様にてサーバの負荷耐性試験を行ってください。
なお、負荷耐性試験を実施する際には、Gadget ServerやAPI等Mobageへのアクセスは行わず、パートナー様の環境内で完結する試験としてください。
また、試験内容はアプリケーションの仕様や特性から必須な項目をパートナー様にて洗い出していただく必要があります。具体的な手順は、下記よりご確認ください。

MobageオープンプラットフォームYahoo! Mobage(PC) 制作・運用ドキュメント 特筆事項

更新履歴

  • 2014/1/30
    • ドキュメント移行


PREVIOUS

確認項目

NEXT

公開作業