モバ友をアプリケーションに招待する

アプリケーションからモバ友を招待するには以下のようにします。

  • opensocial.requestShareApp() を呼ぶことによってモバ友をアプリケーションに招待することができます。
  • 引数は以下になります。
    • 招待対象。VIEWER はモバ友に限定されるので、"VIEWER.FRIENDS"を固定で指定します。
    • nullを指定します。この引数は無視されます。
    • 処理終了後に呼ばれるコールバック関数。
  • opensocial.requestShareApp() メソッドを呼んで招待するユーザーを選択するポップアップ画面を表示します。
  • ユーザーが招待をしてサーバー要求の処理が完了すると、指定されたコールバック関数が要求結果を含む opensocial.ResponseItemクラスのオブジェクトを引数として実行されます。
  • DataResponse に格納されているデータを処理します。
  • 招待されたユーザーには招待ミニメールが送信されます。

コールバック処理について

ユーザが友達招待を完了した後、またはダイヤログの閉じるボタンを押した後にコールバック関数が呼び出されます。サンプルではユーザが友達招待を完了するとミニメ送信先ユーザIDが返り、閉じるボタンで終了された場合の recipientIds.length は 0 を返します。

デフォルトメッセージを指定する

opensocial.newMessage() にメッセージボディとタイトルを含むパラメータを渡してopensocial.Messageオブジェクトを作成します。
生成したopensocial.Messageオブジェクトをopensocial.requestShareAppの第2引数にしてデフォルトのメッセージを指定します。

opensocial.Messageオブジェクト作成時のparamsで指定できるパラメータは下記の通りです。

キー

説明

opensocial.Message.Field.TITLE

デフォルトの件名

opensocial.Message.Field.BODY

デフォルトの本文

  • 件名は全角30文字以内、絵文字は利用できません
  • 本文は全角500文字以内、URLやリンクを含めることはできません
  • 件名、本文ともにmobageにおける禁止ワードが含まれている場合は、デフォルトの文言に修正されます。事前にチェックを行いたい場合はNGWord APIをご利用下さい。

更新履歴

  • 2012/12/20
    • デフォルトメッセージの指定について記述を追加
  • 2012/12/10
    • コールバック処理に関する記述を追加

PREVIOUS

ミニメールを送信する

NEXT

ライフサイクルイベント