mobage.ui

概要

このモジュール中の機能は Widget Service との連携に関わる機能が含まれています。

 

機能一覧

mobage.ui モジュールには以下のメソッドがあります。各メソッドに指定できる service パラメータによって呼び出せる Widget 変化します。

mobage.ui.open()

Widget Service を対話的に呼び出すメソッドです。

このメソッドはクリックイベントなどのブラウザによって開始されたイベントハンドラの中で呼び出して下さい。

構文

パラメータ

service

string 型のパラメータです。詳細は以下の通りです。
service
description
service の詳細
payment
作成したトランザクションを用いてアイテム課金を行う為の Widget Service を起動します。

payment

user_upgrade
ユーザーアップグレードを行うための Widget Service を起動します。

user_upgrade

invitation
ゲームへ友達招待を行うための Widget Service を起動します。
invitation
client_configuration
設定変更画面を提供する機能です。

client_configuration

params

object 型のパラメータです。

callback

function 型のパラメータです。

return

object を return として受け取り、mobage.ui.open で開いた tab/iframe を以下のように閉じることが出来ます。

説明

このメソッドは対話形式で各サービスを呼び出し、そのレスポンスを callback 引数で指定したコールバック関数で受け取る事が出来ます。
指定できるパラメータやコールバック関数で渡されるパラメータの詳細は各サービスのページを参照して下さい。

このメソッドは window.open() によって新しいタブが開かれる場合があるので、クリックイベントなどのブラウザによって開始されたイベントハンドラなどの中で呼び出す必要があります。
この際に XMLHttpRequest などの非同期処理のコールバックなどから呼び出すと window.open() の呼び出し時にブラウザのポップアップブロック等によって新しいwindow の作成に失敗する場合があります。
このような前提の元でサンプルコードを以下に示します。

mobage.ui.show()

Widget Service を開くメソッドです。

このメソッドはクリックイベントなどのブラウザによって開始されたイベントハンドラの中で呼び出して下さい。

構文

パラメータ

service

 string 型のパラメータです。指定できる値は以下を参照して下さい。 

servicedescriptionservice の詳細
redirect
外部サイト遷移時にユーザーに対して確認画面を提供する機能です。

redirect

client_agreement
ユーザー同意事項を表示します。

client_agreement

client_community
公式サークルを開きます。

client_community

commercial_transaction
特定商取引法に基づく表記を開きます

commercial_transaction

inquiry
お問い合わせを開きます

inquiry

mygame
マイゲームを開きます

mygame

mypageマイページを開きます

mypage

portal
Mobage のトップを開きます

portal

browser_switch_guide
Facebook や Twitter など iOS 向け公式アプリケーションの
UIWebView 内で JavaScript SDK で出来たタイトルが開かれた際に、
Safari で開くよう促す画面を表示する為のサービスです。

browser_switch_guide

shortcut_icon
ユーザが iOS や Android 端末上のホームスクリーンに
ゲームへのショートカットアイコンを置けるようにする為のサービスです。

shortcut_icon

Shell App SDK for iOS 1.4.1 未満では、mobage.ui.show()client_community(公式サークル), my game(マイゲーム), my page(マイページ), portal(Mobage のトップ) は呼び出さないでください。Shell App SDK for iOS 1.4.1 未満のみこれらを呼び出さない出し分けの対応がゲーム側で必要になります。

Shell App SDK for iOS 1.4.1 以降では、これらの API の呼び出しは任意です。Shell App SDK 1.4.1 以降では、これらの API を呼び出すと Shell App SDK を用いたアプリから端末ブラウザに遷移します。

params

object 型のパラメータです。

return

object を return として受け取り、mobage.ui.show で開いた tab/iframe を以下のように閉じることが出来ます。

説明

この機能は主に Mobage 上の機能を新しいタブで開く為の機能です。レギュレーション上、幾つかのサービスはゲーム起動画面から 2 タップ以内に導線を設置して頂く必要があります。

このメソッドは window.open() によって新しいタブが開かれるので、クリックイベントなどのブラウザによって開始されたイベントハンドラなどの中で呼び出す必要があります。
この際に XMLHttpRequest などの非同期処理のコールバックなどから呼び出すと window.open() の呼び出し時にブラウザのポップアップブロック等によって新しい windowの作成に失敗する場合があります。
このような前提の元でユーザー同意事項を開くサンプルコードを以下に示します。

また、外部サイトへ移動する際の確認画面の表示のサンプルコードを以下に示します。

mobage.ui.embed()

Widget Service を埋め込むメソッドです。

構文

パラメータ

service

string 型のパラメータです。指定できる値は以下を参照して下さい。 
servicedescriptionservice の詳細
chatChat Widget の埋め込みを行う機能です。

chat

params

object 型のパラメータです。

説明

この機能は主に Mobage 上の機能を指定した id の DOM に埋め込む為の機能です。

このメソッドは getConnectedStatus() メソッドで ログインかつインストールがなされていることを確認した上で呼び出す必要があります。
このような前提の元で Widget Service を埋め込むサンプルコードを以下に示します。

また、HTMLファイルに下記のように記載しておく事で、 Widget SDervice の埋め込みを行えます。

埋め込み前
埋め込み後

サービス一覧

mobage.ui.open()メソッドで扱う WidgetService は以下を参照ください。
mobage.ui.show()メソッドで扱う WidgetService は以下を参照ください。
mobage.ui.embed()メソッドで扱う WidgetService は以下を参照ください。

mobage.ui.open() payment

指定されたトランザクションに対してユーザーにアイテム購入機能を提供するサービスです。

構文

mobage.ui.open() でサービスを利用する際に指定する引数は以下を参照して下さい。

field

type

required

description

service

string

true

payment を指定して下さい

params

object

true

 

params.zIndex

string

false

ポップアップの z-index 値を指定します

params.transactionId

string

true

Transaction ID を指定します

params.orderId

string

false

Order ID を指定します

params.customTheme

string

false

アイテム購入画面用にカスタマイズされたカスタムテーマを文字列で指定できます。カスタムテーマはデベロッパーサイトで指定してください。 ※ JS SDK 2.15.0 より指定できます。

params.appearanceVersion

number

false

アイテム購入画面用にカスタマイズされたカスタムテーマのバージョンを指定できます。カスタムテーマのバージョンはデベロッパーサイトでご確認ください。※ JS SDK 2.15.0 より指定できます。

params.closeTimeout

number

false

アイテム購入完了画面を何ミリ秒で閉じるかを指定できます。 0 に設定した場合は完了画面を表示後すぐに閉じられます。

callback

Function

true

Callback 関数を指定します

Callback 関数に渡される error, result オブジェクトについては以下を参照して下さい。

field

title

type

description

error

エラーコード

string

エラーコードが返されます

errorDescription

エラーの説明文

string

エラーの説明文が返されます

Callback 関数に渡される result オブジェクトについては以下を参照して下さい。

property

title

type

description

response

実行結果

object

Bank Debit API のリソース及び OrderID を含むオブジェクト

signedResponse

実行結果を JWT で表現した物

string

response に指定される JSON Objectを JWT で表現した文字列

response の値については以下を参照して下さい。

property

title

type

required

description

service

サービス名

string

true

payment が設定されています

response.result

結果オブジェクト

object

true

 

response.result.payment

トランザクション

object

true

 

response.result.payment.id

Transaction ID

string

true

Bank Debit API で作成したトランザクションの識別子です

response.result.payment.items

購入アイテムリスト

array

true

Bank Debit API で作成したトランザクション中に含まれる購入アイテム一覧です

response.result.payment.items.0.item.id

アイテム ID

string

true

アイテムの識別子です

response.result.payment.items.0.item.name

アイテム名

string

true

アイテムの名称です

response.result.payment.items.0.item.price

アイテム単価

integer

true

アイテムの単価です

response.result.payment.items.0.item.description

アイテム説明文

string

true

アイテムの説明文です

response.result.payment.items.0.item.imageUrl

アイテム画像URL

string

true

アイテム画像のURLです

response.result.payment.state

ステート

string

true

トランザクションの状態です。new,authorized, open, closed, error のいずれかになります。

response.result.payment.comment

コメント

string

true

トランザクションに紐づくコメント文です

response.result.payment.published

作成日時

string

true

トランザクションの作成日時です

response.result.payment.updated

更新日時

string

true

トランザクションの作成日時です

response.result.order_id

Order ID

string

false

 

error.error プロパティの一覧

error

description

invalid_request

リクエストパラメータが妥当では無い場合

access_denied

フォーム送信までの時間が長過ぎる場合

canceled

アイテム決済処理がキャンセルされた場合

conflict

トランザクションは存在するが、state が妥当ではない場合

transction_is_not_found

トランザクションが存在しない場合

system_error

システムエラーが発生した場合

画面例

呼び出すと以下の様な画面が表示されます。

説明

詳細は モバコインによるアイテム課金 をご確認ください。

mobage.ui.open() user_upgrade

ユーザーアップグレードを行うためのサービスです。

構文

mobage.ui.open() でサービスを利用する際に指定する引数は以下を参照して下さい。

field

type

required

description

service

string

true

user_upgrade を指定して下さい

params

object

true

 

params.requiredGrade

string

true

アップグレードするグレード 2 または 3 を指定します

callback

Function

true

Callback 関数を指定します

Callback 関数に渡される error, result オブジェクトについては以下を参照して下さい。

field

title

type

description

error

エラーコード

string

"already_sufficient_grade" や "user_canceled" などエラーの種類を表す識別子

errorDescription

エラーの説明文

string

エラーの説明文が返されます

Callback 関数に渡される result オブジェクトについては以下を参照して下さい。

property

title

type

description

grade

グレード

string

アップグレード後のユーザーグレード

mobage.ui.open user_upgrade を呼び出す前には必ず People API を呼び出し、 グレードの確認を行った上で適切なグレードへのアップグレードをお願いします。
requiredGrade には 2 と 3 が設定でき、『1 → 2』と『2 → 3』のアップグレードは通常通り行えますが、『1 → 3』『2 → 2』『3 → 2』『3 → 3』の場合のアップグレードの場合はエラー画面が表示されてしまいますので、ご注意ください。

画面例

呼び出すと以下の様な画面が表示されます。

説明

詳細は ユーザーアップグレード機能の実装 をご確認ください。

mobage.ui.open() invitation

ゲームへ友だち招待を行うためのサービスです。

構文

mobage.ui.open() でサービスを利用する際に指定する引数は以下を参照して下さい。

field

type

required

description

service

string

true

user_upgrade を指定して下さい

callback

Function

true

Callback 関数を指定します

Callback 関数に渡される error, result オブジェクトについては以下を参照して下さい。(Shell App SDK の場合、「アプリにもどる」がタップされた場合コールバックが返って来ません)

field

title

type

description

error

エラーコード

string

エラーコードが返されます

errorDescription

エラーの説明文

string

エラーの説明文が返されます

Callback 関数に渡される result オブジェクトについては以下を参照して下さい。

property

title

type

description

response

実行結果

object

Invitation, Message, Mygame などの設定結果を含むオブジェクト

signedResponse

実行結果を JWT で表現した物

string

response に指定される JSON Objectを JWT で表現した文字列

response の値については以下を参照して下さい。

property

title

type

required

description

response.service

サービス名

string

true

initation が設定されています

response.result

結果オブジェクト

object

true

 

response.result.channel

招待チャネル

string

true

どの招待方法で招待したかが入ります

response.result.invitee

招待者の ID

array

false

モバ友招待した人の userId が入ります。モバ友招待以外の場合にはこのパラメータはありません。

response.result.inviteeUserId

招待者の ID

array

false

モバ友招待した人の userId が入ります。モバ友招待以外の場合にはこのパラメータはありません。

画面例

呼び出すと以下の様な画面が表示されます。

説明

詳細は 友達招待サービス をご確認ください。

mobage.ui.open() client_configuration

ゲームごとにユーザーが設定可能な Mobage 上の設定を変更する為のサービスです。

構文

mobage.ui.open() でサービスを利用する際に指定する引数は以下を参照して下さい。

field

type

required

description

service

string

true

client_configuration を指定して下さい

params

object

true

 

params.requiredInvitation

integer

false

招待設定を表示する場合は1を、表示しない場合は0を指定します。デフォルトは1です。

params.requiredMessage

integer

false

ゲームからのお知らせ (Message API) 受信設定を表示する場合は1を、表示しない場合は0を指定します。デフォルトは1です。

params.requiredMygame

integer

false

マイゲーム設定を表示する場合は1を、表示しない場合は0を指定します。デフォルトは1です。

callback

Function

true

Callback 関数を指定します。

Callback 関数に渡される error, result オブジェクトについては以下を参照して下さい。

field

title

type

description

error

エラーコード

string

エラーコードが返されます

errorDescription

エラーの説明文

string

エラーの説明文が返されます

Callback 関数に渡される result オブジェクトについては以下を参照して下さい。

property

title

type

description

response

実行結果

object

Invitation, Message, Mygame などの設定結果を含むオブジェクト

signedResponse

実行結果を JWT で表現した物

string

response に指定される JSON Objectを JWT で表現した文字列

response の値については以下を参照して下さい。

property

title

type

description

response.service

サービス名

string

client_configuration が設定されています

response.result

結果オブジェクト

object

 

response.result.invitation

招待を送信可能かどうか

boolean

 

response.result.message

ゲームからのお知らせを受け取るかどうか

boolean

 

response.result.mygame

マイゲームに加えるかどうか

boolean

 

error.error プロパティの一覧

error

description

impossible_to_continue_process

設定可能な項目が無い場合

canceled

ユーザーが設定の更新をキャンセルした場合

invalid_request

リクエストパラメータが妥当ではない場合

invalid_client

妥当な client ではない場合

system_error

システムエラーが発生した場合

説明

ゲームごとにユーザーが設定可能な Mobage 上の設定には以下の物があります。

  • 招待の受信設定
  • 「ゲームからのお知らせ」の受信設定
  • マイゲームの追加/削除
    これらのうちゲームが設定項目として必要である物を選択した上で、ユーザーに設定画面を提供する事が出来ます。

    「ゲームからのお知らせ」の受信設定とマイゲームの追加/削除のみを設定項目として表示させる例を以下に示します。

    画面例

    呼び出すと以下の様な画面が表示されます。


mobage.ui.show() redirect

外部サイトにリンクする際にユーザーの同意を求める為のサービスです。

構文

mobage.ui.show() でサービスを利用する際に指定する引数は以下を参照して下さい。

field

type

required

description

service

string

true

redirect を指定して下さい

params

object

true

 

params.uri

string

true

外部サイトの URI を指定します

説明

Mobage JS SDKを用いたアプリケーションを作成する場合に、Mobageのサブドメイン(*.mobage.jp, *.mbga.jp等) を用いている場合は、
外部リンクガイドラインに沿って中間ページ及び、AD 表記が必要になります。もし独自ドメインで提供している場合は中間ページ及び AD 表記は必須ではありません。
redirect サービスはこの中間ページを表示する為に外部リンクに対して適用して頂く必要があります。
ユーザーが「新規ウィンドウで開く」ボタンを押した場合は新しいウィンドウで外部サイトが開き、キャンセルを押した場合はモーダルウィンドウが自動的に消えます。

リンクに redirect サービスを適用する例を以下に示します。

画面例

呼び出すと以下の様な画面が表示されます。

説明

詳細は Client 側での対応概要 をご確認ください。
 

mobage.ui.show() client_agreement

同意事項を開く為のサービスです。

構文

mobage.ui.show() でサービスを利用する際に指定する引数は以下を参照して下さい。

field

type

required

description

service

string

true

client_agreement を指定して下さい

params

object

false

 

説明

ユーザー同意事項を開きます。

画面例

呼び出すと以下の様な画面が表示されます。

mobage.ui.show() client_community

Shell App SDK for iOS 1.4.1 未満では、mobage.ui.show()client_community(公式サークル), my game(マイゲーム), my page(マイページ), portal(Mobage のトップ) は呼び出さないでください。Shell App SDK for iOS 1.4.1 未満のみこれらを呼び出さない出し分けの対応がゲーム側で必要になります。

Shell App SDK for iOS 1.4.1 以降では、これらの API の呼び出しは任意です。Shell App SDK 1.4.1 以降では、これらの API を呼び出すと Shell App SDK を用いたアプリから端末ブラウザに遷移します。

公式サークルを開く為のサービスです。

構文

mobage.ui.show() でサービスを利用する際に指定する引数は以下を参照して下さい。

field

type

required

description

service

string

true

client_community を指定して下さい

params

object

false

 

説明

公式サークルを新しい window で開きます。

画面例

呼び出すと以下の様な画面が表示されます。

mobage.ui.show() commercial_transaction

特定商取引法に伴う表示を開く為のサービスです。

構文

mobage.ui.show() でサービスを利用する際に指定する引数は以下を参照して下さい。

field

type

required

description

service

string

true

commercial_transaction を指定して下さい

params

object

false

 

説明

特定商取引法に伴う表示を新しい window で開きます。

画面例

呼び出すと以下の様な画面が表示されます。

mobage.ui.show() inquiry

ユーザーからデベロッパーへのお問い合わせを開く為のサービスです。

構文

mobage.ui.show() でサービスを利用する際に指定する引数は以下を参照して下さい。

field

type

required

description

service

string

true

inquiry を指定して下さい

params

object

false

 

説明

ユーザーからデベロッパーへのお問い合わせを開く為のサービスです。

画面例

呼び出すと以下の様な画面が表示されます。

mobage.ui.show() mygame

Shell App SDK for iOS 1.4.1 未満では、mobage.ui.show()client_community(公式サークル), my game(マイゲーム), my page(マイページ), portal(Mobage のトップ) は呼び出さないでください。Shell App SDK for iOS 1.4.1 未満のみこれらを呼び出さない出し分けの対応がゲーム側で必要になります。

Shell App SDK for iOS 1.4.1 以降では、これらの API の呼び出しは任意です。Shell App SDK 1.4.1 以降では、これらの API を呼び出すと Shell App SDK を用いたアプリから端末ブラウザに遷移します。

マイゲームを開く為のサービスです。

構文

mobage.ui.show() でサービスを利用する際に指定する引数は以下を参照して下さい。

field

type

required

description

service

string

true

mygame を指定して下さい

params

object

false

 

説明

マイゲームを開く為のサービスです。

画面例

呼び出すと以下の様な画面が表示されます。

mobage.ui.show() mypage

Shell App SDK for iOS 1.4.1 未満では、mobage.ui.show()client_community(公式サークル), my game(マイゲーム), my page(マイページ), portal(Mobage のトップ) は呼び出さないでください。Shell App SDK for iOS 1.4.1 未満のみこれらを呼び出さない出し分けの対応がゲーム側で必要になります。

Shell App SDK for iOS 1.4.1 以降では、これらの API の呼び出しは任意です。Shell App SDK 1.4.1 以降では、これらの API を呼び出すと Shell App SDK を用いたアプリから端末ブラウザに遷移します。

マイページを開く為のサービスです。

構文

mobage.ui.show() でサービスを利用する際に指定する引数は以下を参照して下さい。

field

type

required

description

service

string

true

mypage を指定して下さい

params

object

true

 

説明

マイゲームを開く為のサービスです。

画面例

呼び出すと以下の様な画面が表示されます。

mobage.ui.show() portal

Shell App SDK for iOS 1.4.1 未満では、mobage.ui.show()client_community(公式サークル), my game(マイゲーム), my page(マイページ), portal(Mobage のトップ) は呼び出さないでください。Shell App SDK for iOS 1.4.1 未満のみこれらを呼び出さない出し分けの対応がゲーム側で必要になります。

Shell App SDK for iOS 1.4.1 以降では、これらの API の呼び出しは任意です。Shell App SDK 1.4.1 以降では、これらの API を呼び出すと Shell App SDK を用いたアプリから端末ブラウザに遷移します。

Mobage トップを開く為のサービスです。

構文

mobage.ui.show() でサービスを利用する際に指定する引数は以下を参照して下さい。

field

type

required

description

service

string

true

portal を指定して下さい

params

object

false

 

説明

Mobage トップを開く為のサービスです。

画面例

呼び出すと以下の様な画面が表示されます。

mobage.ui.show() browser_switch_guide

Facebook や Twitter など iOS 向け公式アプリケーションの UIWebView 内で JavaScript SDK で出来たタイトルが開かれた際に、Safari で開くよう促す画面を表示する為のサービスです。

構文

mobage.ui.show() でサービスを利用する際に指定する引数は以下を参照して下さい。

field

type

required

description

service

string

true

browser_switch_guide を指定して下さい

params

object

false

 

説明

Facebook や Twitter のiOS 向け公式アプリケーションの UIWebView 内で JavaScript SDK で出来たタイトルが開かれた際に、Safari で開くよう促す画面を表示する為のサービスです。この UI サービスはクライアントアプリケーションが独自に UserAgent などを判別して呼び出すのではなく、mobage.init() の第一引数のオブジェクトの showBrowserSwitchGuide フィールドをfalse にした場合に、mobage.event.subscribe() で、platform.unsupportedBrowser イベントを受信した際に明示的に呼び出す為の物です。特にUI 上で問題が無い、または UIWebView 内で開かれた事に対して何らかの処理を挟みたいという訳では無い場合は、showBrowserSwitchGuide フィールドを true にすれば、このサービスを利用する事無く UIWebView で開かれた際にこのサービスが自動的に表示されます。

画面例

呼び出すと以下の様な画面が表示されます。

説明

詳細は 非対応ブラウザにてガイドを表示 をご確認ください。

mobage.ui.show() shortcut_icon

ユーザが iOS や Android 端末上のホームスクリーンにゲームへのショートカットアイコンを置けるようにする為のサービスです。

構文

mobage.ui.show() でサービスを利用する際に指定する引数は以下を参照して下さい。

field

type

required

description

service

string

true

browser_switch_guide を指定して下さい

params

object

true

 

params.shortcutType

string

true

ショートカットアイコンの識別子を指定します

説明

ユーザが iOS や Android 端末上のホームスクリーンにゲームへのショートカットアイコンを置けるようにする為のサービスです。この機能を利用して作成したショートカットアイコンを利用すれば、事前に指定したURLに遷移できるだけでなく、ショートカット経由の起動かどうかを判定することもできます。

画面例

呼び出すと以下の様な画面が表示されます。

説明

詳細は ショートカットアイコン作成支援機能 をご確認ください。
 

mobage.ui.embed() chat

Mobage JS SDK からアプリケーションに Chat のWidgetを埋め込める機能です。

構文

mobage.ui.embed() でサービスを利用する際に指定する引数は以下を参照して下さい。

field

type

required

description

service

string

true

chat を指定して下さい

params

object

true

 

params.targetId

string

true

Chat 化するタグの id

params.channelId

number

true

Chat の生成済みチャンネル ID

params.productName

string

false

タイトル名

params.widgetId

string

false

生成されるウィジェット要素 (iframe) への ID (DOMのid)

params.widgetMode

string

false

ゲームチャットの種類 (設定可能な値: "simple_message_list", "message_list", "preview")

params.useStream

boolean

false

リアルタイムチャット (設定可能な値: true, false)

params.previewLimit

number

false

プレビュー時に表示するメッセージの最大数

params.stampSize

string

false

スタンプサイズ (設定可能な値: "small", "large")

params.limit

number

false

表示するメッセージの最大数

params.theme

string

false

テーマ (設定可能な値: "dark", "light")

params.defaultMessage

string

false

入力に表示するデフォルトメッセージ

params.successCallback

string

false

メッセージ投稿が成功した場合のリダイレクト先URL

params.showHeader

boolean

false

ヘッダー部分の表示/非表示 (設定可能な値: true, false)

params.showLink

boolean

false

下部ボタン部分の表示/非表示 (設定可能な値: true, false)

params.showPostform

boolean

false

投稿の入力フォームの表示/非表示 (設定可能な値: true, false)

params.styleSheet

string

false

ゲーム独自のスタイルを定義した CSS ファイル

説明

Mobage JS SDK からアプリケーションに Chat のWidgetを埋め込みます。投稿されたメッセージは Mobage の通常の Chat と同様に審査が行われます。
この機能を利用するには事前に RESTful API で Chat のチャンネルを生成する必要があります。
Chat Widgetについても参考にしてください。

また、HTMLファイルに下記のように記載しておく事で、 Widget SDervice の埋め込みを行えます。

埋め込み前
埋め込み後

 

更新履歴

  • 2016/06/06
    • mobage.ui.open() payment に渡すパラメータに zIndex を追記 
  • 2016/05/08
    • mobage.ui.open() payment の closeTimeout に関する記述を追記
  • 2015/12/22
    • mobage.ui.open() payment のカスタムテーマに関する記述が無かったため追記
  • 2015/08/17
    • User Upgrade を使用できないケースがあったため、注意事項を追記
  • 2015/08/11
    • Shell App SDK for iOS では、公式サークル、マイゲーム、マイページ、Mobage のトップを呼び出すことができなかったので、注意文言を追記

 

 

PREVIOUS

mobage.api

NEXT

mobage.util