CDN の利用について

NBPF では静的なコンテンツをサーブする CDN の機構を用意しています。

なお、下記 Static URI など、Game がユーザに提供する URI についてはMobage JS SDK を使ったタイトルの URI についてを参照してください。

CDN を利用するためには以下の設定を行ってください。

まず、Mobage Developers Japan(デベロッパーサイト)でアプリケーションの詳細ページに移動してください。

それから、「SPWeb」タブ内の「Mobage Connect情報」の右にある「情報を変更」ボタンをクリックしてください。

次に、「CDN設定」のタブを開いてください。

下記のように情報を記入し、保存してください。

項目説明
CDN Sub Domain

CDN 用のサブドメイン設定です。

ここでたとえば example を設定しますと、
Sandbox 環境なら example.sb-cdn.pf.mobage.jp、本番環境なら example.cdn.pf.mobage.jp で CDN 経由でコンテンツにアクセスできます。

example
CDN Origin URI(Sandbox用)

Sandbox 用の静的なコンテンツを配信するための URI です。CDN からはここに置かれたコンテンツをサーブします。

プロトコルとドメインだけで入力してください。URI が / で終わるとエラーになります。また、CDN Origin URIは、変更後最大15分程で変更が反映されます。

http://sandbox-static.example.com
CDN Origin URI(本番用)

本番用の静的なコンテンツを配信するための URI です。CDN からはここに置かれたコンテンツをサーブします。

プロトコルとドメインだけで入力してください。URI が / で終わるとエラーになります。また、CDN Origin URIは、変更後最大15分程で変更が反映されます。

http://static.example.com

これで設定が終わり、CDN URI 経由でコンテンツにアクセスすることができるようになります。

PREVIOUS

ユーザーアップグレード機能の実装

NEXT

Topic