概要

アイテム購入フロー

Mobage JS SDK を利用した アイテム購入フローは、以下のように2種類のフローがあります。

開発しているゲームにアイテム購入フローを実装する際には、このどちらかのフローに対応頂く必要があります。
それぞれのフローの特徴を以下にまとめますので、ゲーム開発にあったフローを選択してください。

なお、2種類のアイテム購入フローにおいて、実装すべき処理の違いはほとんどありません。しかしながら、事前にアイテム登録しないアイテム購入フローを採用した場合、ゲームタイトル側でアイテム管理ツールなどを開発する必要があります。

Android ゲームポイント対応に伴い、Shell App SDK for Android を用いてアイテム購入フローを実装する際は、『ゲームポイント名称』と『ゲームポイント単位』の設定も必要となります。詳細は以下 URL をご確認ください。

https://docs.mobage.com/display/JPSA/AndroidGPShellAppSDK

Mobage Developers Japan で事前にアイテム登録するアイテム購入フロー

このフローでは、下記のようなMobage Developers Japan(デベロッパーサイト)の画面を利用して、事前にPlatformにアイテムを登録することができます。  

このフローを利用するメリットは以下になります。

  • Platformに事前登録することで、不正なアイテム情報によるアイテム購入をPlatform側でも抑止できます。
  • Bank Inventory API を用いてアイテム情報を取得することが出来るようになります。
  • アイテム情報を登録、削除、変更するためのアイテム管理ツールを別途ご用意いただく必要がありません。

 

Mobage Developers Japan で事前にアイテム登録しないアイテム購入フロー

このフローでは、Mobage Developers Japan(デベロッパーサイト)での事前アイテム登録を行わず、アイテム情報をGame Serverにて管理します。
事前に登録されていないため、アイテム情報は決済トランザクション単位でPlatformに登録されます。

このフローを利用するメリットは以下になります。

  • アイテム情報を Game Server で管理するため、既存アイテムの割引やアイテムの大量追加など、柔軟に対応できます。
  • ゲームの運営チームのニーズに合ったアイテム管理ツールを柔軟に実装いただけます。

 

 

 

PREVIOUS

アイテム購入処理と付与

NEXT

事前にアイテム登録されている場合