Client 側での対応概要

Client 側(WebView 内部)の対応概要

Mobage JS SDK を使って作成したSmartphone Browser 向けゲーム(JS SDK アプリ と呼ぶ)を、 Shell App SDK を使用して SmartPhone Native アプリケーション(Shell App SDK アプリと呼ぶ)化する際に、Client 側 (WebView 内部)でいくつかの対応をおこなう必要があります。

以下に Client 側 (WebView 内部) で行うべき対応について概要をまとめました。

Shell App 用の分岐について

Client-Side (WebView内部) にて JS SDK アプリ と Shell App SDK アプリを分岐したロジックを書きたい場合は、mobage.platform.getSDKName() メソッドを利用します。

上記のように、Android アプリだけ、もしくは iOS アプリだけで実行したい処理などを分けてロジックを書くことが出来ます。


リダイレクトページをはさんで外部サイトへ遷移する方法

JS SDK アプリ、Shell App SDK アプリの場合は、外部サイトに遷移する前にリダイレクトページをはさんで外部サイトへ遷移する redirect サービスの利用が可能です。

上記のように外部サイトを JS SDK アプリ の場合はそのまま画面遷移します。また、Shell App SDK アプリの場合は外部ブラウザで開かれます。

実装は、「mobage.ui」の mobage.ui.show() redirect 項をご確認ください。

 

リダイレクトページをはさまずに外部サイトへ遷移する方法

Shell App SDK アプリでは、 mobage.shellapp.openURLInBrowser() メソッド を利用し、リダイレクトページを挟まずに外部サイトへ遷移することが可能です。

上記のように外部ブラウザを直接開くことができます。

 実装は、「mobage.shellapp」の mobage.shellapp.openURLInBrowser 項をご確認ください。

 

更新履歴

  • 2015/06/30
    • 外部サイトへの遷移方法について追記しました。
  • 2015/02/05
    • 新規作成

 

PREVIOUS

Shell App SDK とは

NEXT

Server 側での対応概要