本番環境への移行作業

公開申請を通過すると、本番用のAPIサーバーが利用可能になり、また、本番用のアプリケーションの動作検証を行うことができます。ここでは、本番環境へ移行するために必要な変更をリストアップします。

Mobage Developers Japan(デベロッパーサイト)の設定

Mobage Developers Japan(デベロッパーサイト)で Sandbox 環境と本番環境での設定は別々に管理されていますので、各項目を本番に向けて設定する必要があります。

 Mobage Developers Japan にログインして、ゲームの詳細画面を表示して、SPWeb 配下の「Mobage Connect情報」や「プロフィール設定情報」、チャットなどの各種設定を確認して本番環境のものも入力してください。

ソースコード側の変更

Mobage Developers Japan の設定のみならず、各種 API エンドポイントも Sandbox 環境と本番環境では URI が異なりますので、下記各項目について変更する必要があります。

変更箇所Sandbox 環境本番環境
Mobage JS SDK のリンク

Sandbox 用 SDK
https://cdn-sb-connect.mobage.jp/jssdk/mobage-jssdk-client.X.X.X.min.js

本番用 SDK
https://cdn-connect.mobage.jp/jssdk/mobage-jssdk-client.X.X.X.min.js

Client ID と Client Secret

Mobage Developers Japan の Mobage Connect情報 の Sandbox 用を参照してください。

(Web 用と iOS 用と Android 用でも設定が異なります)

Mobage Developers Japan の Mobage Connect情報 の 本番用を参照してください。

(Web 用と iOS 用と Android 用でも設定が異なります)

Embedded Key と Embedded Secret

Mobage Developers Japan の Mobage Connect情報 の Sandbox 用を参照してください。

(iOS 用と Android 用で設定が異なります)

Mobage Developers Japan の Mobage Connect情報 の 本番用を参照してください。

(iOS 用と Android 用で設定が異なります)

JWT 検証用の公開鍵

こちらを参照してください

こちらを参照してください

JWT Claims Set 内の iss の値

 

https://sb-connect.mobage.jp
https://sb-widget.mobage.jp
https://sb-hub.mobage.jp

詳細は、こちらを参照してください

https://connect.mobage.jp
https://widget.mobage.jp
https://hub.mobage.jp

詳細は、こちらを参照してください

Mobage RESTful API

Token Endpoint

https://sb-connect.mobage.jp/connect/1.0/api/tokenhttps://connect.mobage.jp/connect/1.0/api/token

Mobage RESTful API

Authorization Endpoint

https://sb-connect.mobage.jp/connect/1.0/services/authorizehttps://connect.mobage.jp/connect/1.0/services/authorize

Mobage RESTful API

その他

https://sb-app.mobage.jp/social/api/restful/https://app.mobage.jp/social/api/restful/

PREVIOUS

JWTの公開鍵

NEXT

会員区分(グレード)について