ライフサイクルイベントの通知リクエスト

概要

ライフサイクルイベントとは、アプリケーションに対して発生したイベントを Platform から Game Server に通知するための仕組みです。 現在提供しているイベントは以下の通りです。

Platform から通知するライフサイクルイベントのレスポンスは、必ず http status code 200 OK を返してください。正しいレスポンスが返却されない場合、再送処理として 10 回通知が行われてしまいます。


イベント種類

Platform から通知が送られるタイミング

アイテム購入非同期確認処理

ユーザーがコインによるアイテム決済をした時

ショートカット起動時通知処理

ユーザーがMobage JS SDK の機能で作成したショートカットアイコンからゲームを起動した時

Invitation成立通知処理

ユーザーが友達招待を送信した時

Invitation送信通知処理

新規ユーザーが友達招待メッセージ経由でアプリをインストールして友達招待が成立した時

Install/Uninstall通知処理

ユーザーがアプリを Install / Uninstall した時

 

導入方法

それぞれの導入方法については、下記のドキュメントを参考にしてください。

  1. ダッシュボードの左メニューより「アプリケーション」>「アプリケーション一覧」画面を開きます。
  2. 「アプリケーション一覧」から開発しているアプリケーションを選択します。
  3. 表示されたページの上部にある「SPWeb」タブを選択します。
  4. SPWebのページ中央部、「Mobage Connect 情報」の右側にある「情報を変更」を押下します。
  5. Mobage Connect情報の複数あるタブの中から、該当するライフサイクルイベントを選択して登録します。

JSON Web Token の検証

ライフサイクルイベントは、 JSON Web Token の形式で Platfrom から送信されます。
JSON Web Token の検証は、こちらを参照に実装してください。
 
なお、ライフサイクルイベントでの iss の値は下記となります。

環境

iss の値

Sandbox

https://sb-hub.mobage.jp/

Service

https://hub.mobage.jp/

レスポンス

成功レスポンスは以下のように http status code 200 OK を返してください。 

Status: 200
Content-Type: text/plain    

OK

Platform からのリクエストは、最大10回まで再送処理が行われます。Platformに成功レスポンスを返すと、この再送処理は止まり、それ以上リクエストは送られません。なお、場合によってはこの再送回数上限まで成功レスポンスを返せない場合もあります。

通知頻度

エンドポイントへのイベント通知はユーザアクションからリアルタイムに行われるものではなくタイムラグが発生いたします。
通常は本番、Sandboxともに数分程度で通知されますが、システム負荷により送信遅延が発生いたします。
エンドポイントでは必ず受信成功のステータスコードとして200を返却するように実装をお願いいたします。

更新履歴

  • 2015/08/10
    • 200 OK を返さない場合の注意文言の追記
  • 2015/02/05
    • 新規作成
PREVIOUS

チャット設定について

NEXT

非対応ブラウザにてガイドを表示する