JavaScriptSDKの使い方

JavaScript SDK が提供するメソッドの多くはレスポンスが非同期に返される為、そのレスポンスを受け取るCallback関数を指定する必要があります。

Callback 関数は常に以下を満たします。

  1. 第一引数はerrorオブジェクト
  2. 第二引数はresultオブジェクト
  3. 一方が指定される場合は他方は必ずnullが渡されます

一般的なコールバック関数は以下のようになります。
各メソッドのCallback関数に対する説明では、errorオブジェクト及びresultオブジェクトとしてどのような値が渡されるかについてを解説します。


PREVIOUS

JavaScript SDK

NEXT

mobage