アプリケーションを登録する

アプリケーション登録前の注意点として、 sandbox 環境で開発中の NBPF アプリは他の開発者がアクセスできてしまうリスクがありますので、アプリのサーバサイドで Basic 認証を必ずかけてください。

共通設定

 
Mobage JS SDKを使用したアプリケーションの開発を開始するためには、まず Mobage Developers Japan(デベロッパーサイト) 上でアプリケーションを登録する必要があります。

ダッシュボードの左メニューより 「アプリケーション」 > 「アプリケーションの追加」 をクリックしてアプリケーション追加フォーム画面に各項目を入力してください。

アプリケーションの登録が終わると「アプリケーション情報」画面が表示されます。

スマートフォン Web 設定

次にスマートフォン Web のアプリケーション固有の設定項目に移ります。左側メニューの「アプリケーション情報」 > 「SP Web」をクリックすると、以下のような画面が表示されます。

Mobage JS SDK を有効にするためには、「ゲームアーキテクチャ」から「Mobage Connect」を選択してください。選択すると以下のような画面が表示されます。


 
その他、「公式サークル用紹介文」、「対応OS」を入力するとスマートフォン Web 用のアプリケーション情報が表示されます。。
 
 

なお、上記画面中央の「Mobage Connect情報」>「Sandbox用」を選択すると、「Client ID」、「Client Secret」などの情報を確認できます。

 
これでアプリケーションの登録ができました。

更新履歴

  • 2014/07/11
    • 新規作成

PREVIOUS

チュートリアル

NEXT

Mobage JS SDKのセットアップ