コインの引き落とし(トランザクションのクローズ)

 

処理の概要

決済トランザクションが作成された後、次に行われるのが コインの引き落とし です。

コインの引き落とし では、以下の実装を行います。

  1. Client が mobage.ui.open() メソッドにより Payment サービスを呼び出す
  2. Client から Game Server へコイン引き落とし成功の情報を送信する
     
     
    これらの処理のシーケンス図が下記になります。

 

 

Client が mobage.ui.open() メソッドにより Payment サービスを呼び出す

Game Server から決済トランザクションの作成レスポンスとして、Transaction ID と Order IDを受け取ります。
受け取ったTransaction ID と Order ID を用いて、以下のようにmobage.ui.open()メソッドを呼び出します。

mobage-jssdk-sample-payment/purchase_with_item_setting/purchase.js

mobage.ui.open()メソッドを呼び出すと、以下のようにoverlayされた画面で残高確認、購入確認、購入などを実施できます。


もしユーザの所持するモバコインが不足している場合は、下記のような画面が表示されます。
 

 

上記画面の「モバコインを追加する」のボタンを押下すると、モバコイン追加のwindowが新たに表示されます。
新たに表示されたwindowでモバコインを追加すると、windowが閉じられ、overlayされた画面に戻ります。
 

 
TOC
 

Client から Game Server へコイン引き落とし成功の情報を送信する

モバコインによる決済が成功した場合、Callback 関数に result オブジェクトが渡されます。この result オブジェクトのresult.signedResponse を Game Server に送ることで、アイテムの受注処理を行います。

 

mobage-jssdk-sample-payment/purchase_with_item_setting/purchase.js

なお、決済が成功して Callback 関数が呼ばれる時点で、下記のような画面が表示されます。
この画面が表示されても、まだ Game Server でのアイテム付与は完了していないので、続きの処理を実装します。


 
TOC

開発したコード

このチュートリアルで開発したコードは Github から clone できます。

 

PREVIOUS

決済処理開始(トランザクションの作成)

NEXT

アイテム付与