アプリケーション公開申請

Sandbox 上でゲームサーバーの開発が完了したら公開申請へと進みます。

Mobage JS SDK の場合

アプリケーション公開申請手順

アプリケーションの公開申請は、下記の手順で行ってください。

なお、未完成や動作に不具合がある場合は申請できませんのでご注意ください。

1. Mobage Developers Japan(デベロッパーサイト)にログインしてください。
2. 左側に表示される「ダッシュボード」内の 「アプリケーション管理」をクリック してください。
3. アプリケーション管理画面から、申請を行いたいアプリケーションの ID をクリックしてください。
4. 「アプリケーションの情報」画面内にある「公開ステータス」欄より、アプリ公開申請をするページへ入れます。
 ※ アプリケーション登録情報が不足している場合は、「アプリケーションの情報を変更する」というリンクが表示されます。
   この場合は、まずアプリケーションの情報の追加が必要となります。
必要な情報を全て登録すると当該アプリケーションの 詳細情報ページから公開申請が可能となります。

なお、パートナー審査が終了するまでアプリ公開申請はできませんので、アプリ公開申請前にパートナー審査を済ませるようにしてください。
アプリ公開申請から公開可能となるまでの期間は 3 営業日が目安となります。
ただし、申請が混み合った場合には、4 営業日以上かかる可能性もありますので、余裕をもって公開申請を行ってください。
また、アプリケーション内コンテンツで不適切な表現や機能が見つかった場合は不通過となり、不適切部分の修正の後に再度公開申請が必要となります。
再度の公開申請でも約 3 営業日(混みあった場合は 4 営業日以上)必要となります。

公開申請の際に必要な情報の入力

「デバイスの情報を変更する」画面に表示されている入力チェックで必要な項目をすべて入力していきます。
公開申請へ必要な以下の情報をすべて入力する必要があります。

・デバイス情報 画面
 -対応端末
 -サポート対応時間
 -担当者緊急連絡先(電話番号)
・Images 画面 (画像サイズなどは実際の画面でご確認ください)
 -共通画像(任意)
 -スマートフォン用画像

公開申請をする

必須項目がすべて入力されると、アプリ公開申請へのリンクが現れますので、押下して公開申請に入ります。
sandbox 環境で開発中の NBPF アプリは他の開発者がアクセスできてしまうリスクがありますので、アプリのサーバサイドで Basic 認証を必ずかけてください。
公開申請はパートナー様のSandbox環境にアクセスする必要がございますので、 Mobage Developers Japan(デベロッパーサイト) の「Sandbox環境のBasic認証」画面に Basic認証ID、Basic認証パスワードを設定頂いた後に、アプリケーション公開申請へ提出をお願いします。

Mobage Developers Japan(デベロッパーサイト) より、「ダッシュボード>アプリケーション>(NBPF アプリケーションを選択)>Mobage Connect情報編集」と進んでください。

なお、ユーザーIDとパスワードを設定いただきましたら、Mobage Developers Japan(デベロッパーサイト)上に登録してください。

※ご登録いただくユーザーID・パスワードが、あらかじめ設定いただいたものと相違のないようご注意ください。 

Shell App SDK の場合

アプリ公開までの手続き

アプリ公開審査通過後の手続きは、iOSアプリとAndroidアプリとで異なりますのでご注意ください。

iOSアプリの場合

■公開時
iOSアプリが当社のアプリ公開審査を通過した後に、パートナー様にて決済サービス動作試験・負荷耐性試験等の実施とApp Storeへの登録申請をおこなってください。
iOSアプリを登録/公開するには、Apple審査に通過する必要がありますが、Apple審査対応を円滑に行うため、下記手順の通り、Apple審査申請前と通過後に必ず当社、<ios_support_my@dena.jp>までご連絡をお願いします。

1. Apple審査申請前 
Apple審査の申請をする1営業日前17時までに、下記の情報を記載したメールを<ios_support_my@dena.jp>までお送りくださいますようお願いします。当社からの折り返しのご連絡後、Apple審査申請を実施してください。

メール件名:【Apple申請情報連絡】(アプリケーション名)

 1) Apple審査申請予定日
 2) Mobage app_id(120***** のような8桁のアプリケーションID)
 3) 申請時の Info.plist を送付してください
 4) SDK 種別 (ngCore, Native, Unity, Shell App)およびSDKバージョン

2. Apple審査申請時 
Apple審査通過後に自動的に公開されないよう、審査申請時に設定する公開予定日は2ヶ月後など、先の日付に設定してください。
また、ユーザの混乱を避けるため、App Store に登録申請するアプリケーション名は、Mobage Developers Japan(デベロッパーサイト)にご登録いただいているアプリケーション名と同じ名称をご登録ください。

3. Apple審査通過後 
Apple審査を通過されましたら、審査通過した旨、app_id 情報とあわせて、<ios_support_my@dena.jp>までご連絡ください。当社からの折り返しのご連絡後、App Storeにてアプリ公開をしてください。

4. App Store公開後
App Storeへアプリが公開されましたら、Mobage Developers Japan(デベロッパーサイト)からアプリ掲載申請をおこなってください。
当社からiOSアプリのMobage掲載を承諾する旨のメールを受け取りましたら1 営業日以内に、Mobage Developers Japan(デベロッパーサイト)にてアプリケーション公開設定をしてください。
公開設定を完了した時点より、Mobageからアプリへの誘導が開始します。

■更新時
iOSアプリを更新するには、Apple審査に通過する必要がありますが、Apple審査対応を円滑に行うため、下記手順の通り、Apple審査申請前と通過後に必ず当社、<ios_support_my@dena.jp>までご連絡をお願いします。

1. Apple審査申請前 
Apple審査の申請をする1営業日前17時までに、下記の情報を記載したメールを<ios_support_my@dena.jp>までお送りくださいますようお願いします。当社からの折り返しのご連絡後、Apple審査申請を実施してください。

メール件名:【Apple申請情報連絡】(アプリケーション名)

 1) Apple審査申請予定日
 2) Mobage app_id(120***** のような8桁のアプリケーションID)
 3) 申請時の Info.plist を送付してください
 4) SDK 種別 (Native, Unity, ShellApp) およびSDKバージョン

2. Apple審査申請時
Apple審査通過後に自動的に公開されないよう、審査申請時に手動リリースをご選択ください。

 I will release (アプリケーション名) (バージョン番号) after it has been approved

3. Apple審査通過後
Apple審査を通過されましたら、審査通過した旨、app_id 情報とあわせて、<ios_support_my@dena.jp>までご連絡ください。当社からの折り返しのご連絡後、App Storeにてアプリ公開をしてください。

Androidアプリの場合

Androidアプリが当社のアプリ公開審査を通過しましたら、パートナー様による決済サービス動作試験・負荷耐性試験等の実施の後、Mobage Developers Japan(デベロッパーサイト)よりGoogle Play公開依頼をおこなってください。
当社にてアプリケーションをGoogle Playに登録・公開し、公開完了後にパートナー様へその旨をメールにて通知いたします。
当社よりアプリケーションのGoogle Play公開完了のメールが送付されたら、1営業日以内にMobage Developers Japan(デベロッパーサイト)にてアプリケーション公開設定をしてください。

更新履歴

  • 2015/4/8
    • Mobage Connect情報編集の画像を最新のものに変更
  • 2015/2/6
    • Shell App SDKについての説明を追記
  • 2014/10/8
    • ドキュメント作成
PREVIOUS

公開ステータスと紹介文

NEXT

確認項目