Shell App SDK アプリケーションの開発から公開まで

アプリケーションの開発から公開まで


 

Mobage JavaScript SDK を使った スマートフォンブラウザゲームの開発

まずは Mobage JS SDK を利用して、スマートフォンブラウザゲームの開発を完了させます。
 
Mobage JS SDK の組み込みは下記を参考にしてください。

Shell App SDK ダウンロード

アプリを開発するためには SDK をダウンロードしてセットアップする必要があります。

  • Shell App SDK
    「SDK ダウンロード」にてダウンロードしてください。

また、API リファレンスは SDK に同梱されていますので、是非ご一読ください。

Shell App SDK を組み込んだ WebView の Native アプリ開発

Shell App SDK を利用して、WebView ベースの Android アプリおよび iOS アプリを開発します。
それぞれ、下記のドキュメントを参考にしてください。

アプリ公開申請

アプリケーションの開発が完了して、ユーザーに公開するにはアプリの申請が必要です。

スマートフォンブラウザゲームで既に公開審査が通過している状態でも Shell App SDK アプリでは再度 Mobage の公開審査が必要になります。

App Store への登録申請 (iOS のみ)

iOS アプリの場合、App Store への登録申請はパートナー様に行っていただく必要があります。

アプリ掲載申請 (iOS のみ)

App Store での公開が完了したら、Mobage へのアプリ掲載申請を行っていただきます。アプリ掲載申請では、正しく App Store でアプリケーションが公開されているかなどを確認します。

Google Play (Android Market) 公開依頼 (Android のみ)

Android アプリの場合、DeNA のデベロッパーサイトより Google Play (旧 Android Market) 公開依頼を行っていただきます。ご依頼をいただきましたら、DeNA が Google Play にアプリを登録、公開いたします。

アプリ公開

全ての手続が終わったアプリケーションは、パートナー様にて公開設定をしていただくことにより Mobage 上でユーザーへの露出を開始することができます。

更新履歴

  • 2015/02/05
    • 新規作成

 

 

 

PREVIOUS

Shell App SDK アプリケーション開発の流れ

NEXT

アプリケーションのアップロードと必要情報の登録